ウェブ エコピュア
EMとは?
連載
投稿ひろば
用語集
FAQ
出版物のご案内
EM情報室について
リンク
サイトマップ
プライバシーポリシー
エコ・ピュア ウェブマガジン 特集・レポート
微生物で地球はよみがえる!
善循環の輪の集い in 川崎



8月26日、川崎市国際交流センター(中原区木月)に関東甲信越の各地から約300人が参加して「善循環の集い神奈川 in 川崎」が開催されました。川崎市における大々的なEMのイベントは、当時琉球大学教授だった比嘉照夫先生の講演会以来22年ぶりで、若い年代層が目立つ集いになりました。


「蘇生」白鳥監督が飛び入り挨拶


  原発の被災地福島の復興の
  事実を伝えたい、と「蘇生」
  続編に取り組んでいる白鳥監督

開催に先立って映画「蘇生」の上映が行われ、終了後同映画を監督した白鳥哲氏が飛び入りで舞台挨拶をしました。白鳥監督は、映画「蘇生」が7か国語に翻訳され、世界中で上映されていることに触れ、「世界に伝えていく過程で気付いたのは『地球はこのままで大丈夫か・』と世界中の人々が気付き始めていること」と述べ、「蘇生のキーワードは"微生物"です。見返りを求めないボランティア活動が世界を変えていく力になっていく。マスコミも伝えないこの事実を伝えたいと蘇生の続編を制作し始めています」と話し、会場から賛同の拍手を受けました。

第2部では地元在住の3人によるEM活用事例報告に続き、比嘉先生が「EMの最新情報」をテーマに講演。「EMは有害なエネルギーを有用なエネルギーに変える整流力があって、量子学的重ね効果で無限にエネルギーを集めて蘇生力をレベルアップしていく」と説き、炭と塩の効能について「炭はエネルギーを集める半導体の役割で塩は電気エネルギーを運ぶ力を持っている」「ナトリウムはカリウムやカルシウム、マグネシウムに原子転換できる位置にあり、塩素はリンとか窒素のマイナスの電気を持っているものに代わりやすいので、塩はすべての肥料成分に代わりえる」と解析しました。

また、新刊「愛と微生物のすべて」(比嘉照夫・森美智代・白鳥哲共著)にも触れ、「人間の体は90%が微生物で、人間の意識を聴き分けている。人間の最高の愛で祈るとスイッチが入って宇宙からのエネルギー、重力波を引っ張り込んでつなぐようになっている。愛がすべてというのはあくまでもスイッチに過ぎない。見返りを求めない愛が地球を救っていくことになる」と語りました。

このあと長年EM普及活動に貢献してきた次の5団体・グループへ比嘉理事長から感謝状が授与されました。

  1. 「EM普及活動研究会」
    活動は15年間に至る。現在会員20人で、市内で行われる環境フェアなど年間8回のイベント出展や年間6回の定期講習会を開催。これまでに神奈川地球環境賞奨励賞や川崎市スマートライフスタイル大賞奨励賞を受賞。
  2. 「社会福祉法人ともかわさき障害福祉サービス事業所たちばな」
    2000年からEMボカシづくりに取り組み、年間約1300sを製造・販売している。ボカシづくりは主に知的障害を持つ利用者さん10人が担当。福祉事業所関係のイベントなどで販売している。
  3. 「川崎市宮前区宮崎町会」
    町会関係者約130人が参加。11年前からEMボカシを製造して生ごみ減量に取り組んでいる。年間6回の定期講習会を開催している。
  4. 「かわさき生ごみリサイクルの会」
    1995年から23年間になる活動は、市内の生ごみ減量活動のパイオニアともいえる。市の橘リサイクルセンターを拠点に年間6回のEMボカシづくりで約80人の会員が生ごみの堆肥化に取り組んでいる。


EM活用事例報告


■ 「楽しい家庭菜園」
〜美味しい野菜が食卓に並ぶことが一番の幸せ

柴原茂男(川崎市宮前区)

2007年5月に家庭菜園を始めて、以来化成肥料や農薬は一切使わず、EM生ごみ発酵肥料づくりが日課。つくり方は簡単で、生ごみの水分をしっかり切って、庭の片隅に設置した密閉容器に入れ、EMボカシを振りかける。空気が入らない様に蓋をして、順次生ごみを積み重ねていく。いっぱいになったら、そのまま1か月間発酵熟成させて完成。虫の発生や、嫌なニオイで困ったことは皆無。誰でも簡単に作れて、しかも安全。捨てれば「ごみ」だが、じょうずに使えば「宝」にもなる優れものだ。出来上がったEM生ごみ発酵肥料は、庭の一角にある畑(約5坪)や6個のプランターで活用。今年もEM効果でソラマメは6sを収穫。キュウリは6本の苗木から毎日15〜20本を例年9月上旬まで収穫している。ピーマン、ナス、トマトなど近所におすそ分けして喜ばれている。



■ 「さわやか家庭内利用」
〜EM生活で目からうろこが落ちる

浜川 直(川崎市多摩区)

6歳と4歳の2児の子育て奮闘中。子どもたちのアレルギーや食、冷えとりなど、自然に沿った暮らし方に関心を持っているお母さんたちと交流できる勉強会などを開催している。昨年5月、栃木県那須烏山市の柴田和明さん(トマト農家)とEMに出会い目からうろこの体験をする。まず、米のとぎ汁を使ったEM発酵液のつくり方を通して、とぎ汁はそのまま生活排水として流してしまうと環境に負荷をかけるということ。EMを使って発酵液にすると浄化源になることを教えられた。
使い方は、風呂の入浴剤代わりに使っているが、体温の保温効果が高く冬場は特にありがたく、眠りも深くなるようだ。洗濯では、洗剤の量を少なめにしてEM発酵液を入れると柔軟剤を入れなくとも少し柔らかく干し上がるようだ。布団やカーテン、部屋にも散布。花にもEMを入れると1週間近く長持ちした。特に感動したのは栃木県足利市の「葉鹿エコクラブ」がつくる化粧水や石けんだ。今まで肌が弱く基礎化粧品さえあきらめていた私が"化粧水"として使うようになった。微生物が肌を整えてくれるので、肌の敏感な息子にも使えるのは有り難い。自分はセラピストを目指しているが、EMは"気"を整えてくれていると実感している。



■ 「EMで環境浄化」
〜放射能の除染に手ごたえ

EM浄化研究会 代表・金子のぶみち
(川崎市幸区)

2011年3月11日。福島第1発電所からの放射能拡散は、遠く離れた川崎市でも異常な放射線値を観測。当然、家族にもその影響(歯ぐきから出血、歯舌痕など)は及ぶこととなり、家族を被爆から守りたい一心で放射能対策を模索し始めEMに出会った。そして独自のEMによる放射線量低減実験を続け、そこから得られた結果を広く伝える活動をするようになった。
試行錯誤を繰り返してたどり着いた結論は、

  1. EMは豊富にまくこと
  2. 定期的に使うこと
  3. EMが発酵現象を連続的に行える環境(温度を上げることなど)をつくること
この3つが除染に効果的だということ。
実験は密閉された状態で行ったが、これから得られる結果も他の実験者の結果と同じくするものだった。まとめとして、EMによる発酵現象を最大化すること。光合成細菌を多用することで、さらなる除染効果が図れるとの結論に至った。

文責:鹿島

(2017年10月6日)



トップページ | EMとは? | 特集・レポート | 連載 | 投稿ひろば | 用語集 | FAQ | バックナンバー | EM情報室 | リンク集 | サイトマップ