EMを使ってみよう

EM活性液のつくりかた とうみつVer.

EM活性液のつくりかた とうみつVer.

EM活性液ってなに?

EM・1に含まれる微生物を活性化させたものがEM活性液です。EM・1のボトルに詰められた微生物は半分眠った状態になっています。これにエサとなる糖蜜と水を加えて、微生物の活動を活発にさせると原液を使用するよりもたっぷり使うことができて、さらに効果も高まるというメリットがあります。

このEM活性液を応用して、米のとぎ汁をEM・1と糖蜜(砂糖)で発酵させたものを米のとぎEM汁発酵液といいます。 EM活性液・米のとぎ汁EM発酵液は、EM原液とまったく同じものではありません。環境次第で培養される微生物の構成比は異なります。また、培養した液体の中の微生物は2週間ほどでピークを迎え、それを過ぎると微生物の数が減っていきます。そのため、作成した日から1~2カ月程度で使いきることをお勧めします。

用意するもの


《道具》
  • 計量カップ
  • 密閉容器(ポリタンク、ペットボトルなど)
    割れる危険性があるので、ガラス容器は使わないでください。
 《材料(出来上がり量1L)》
  • EM・1またはEMW・・・50ml
  • 糖蜜・・・50ml
  • ぬるま湯・・・900ml

出来上がり量 EM・1 糖蜜 ぬるま湯
10L 1L 1L 8L
2L 100ml 100ml 約1.8L
1L 50ml 50ml 約900ml
500ml 25ml 25ml 約450ml

つくり方手順

  1. 糖蜜にぬるま湯(40~50℃)を加えてよく溶かします。

  2. お湯に溶かした糖蜜に水を入れ、熱くないこと(40℃以下)を確認してからEM・1を加えてよく混ぜます。

  3. 材料をすべて混ぜたら、ペットボトルに入れてフタを締め、できるだけ暖かくて1日の温度変化の少ないところで発酵させます(例:こたつやお風呂、冷蔵庫の横など)。

  4. 発酵が進むと、ガスが発生してペットボトルが膨らむので、都度フタを緩めてガスを抜きます。
    急に開けると中身が吹きこぼれることがあるので、少しずつ緩めてください。

  5. 甘酸っぱい香りになったら出来上がりです。
    夏場は1週間、冬場は1週間ほどで完成します。(地域や発酵場所などの環境によって異なります。)完成したEM活性液は、直接日の当たらない涼しい場所に保管してください。


    よい活性液は甘酸っぱい発酵臭があり、pHは3.5以下になります。完成した活性液の微生物は2週間ほどでピークを迎え、それを過ぎると微生物の数が減っていきます。そのため、作成した日から1~2カ月程度で使いきることをお勧めします。