連載
※ 前方の山々は自宅付近から見る那須連山

第6回 "イチゴ"のお話し ―旬は初夏だよ

私が農業を営む栃木県はイチゴ生産日本一。私のイチゴづくりは素人ですが、栃木に住むからにはイチゴの話題は外せませんので、イチゴの旬についてもお話しします。
誰もが大好きなイチゴのお話し、読んだらきっとイチゴをつくりたくなるハズ!です。

イチゴは野菜でバラの仲間

イチゴの生い立ちは、遡ること18世紀末のオランダ・バージニアイチゴとチリイチゴの交配によって生まれ、日本には江戸時代末期に渡ってきたようです。当時はオランダイチゴと呼ばれていました。その後、日本の気候に合うように、さらには甘くて大きな実を着けるように次々と品種改良がされて現代に至っています。
フルーツみたいな顔をしているけれど野菜で、トゲは無いけれどバラの仲間(バラ科)。ほら、花が似ているでしょう!ちなみにサクランボもバラの仲間ですが、こちらは正真正銘フルーツです。


イチゴ(左)と野バラ(右)の花 
    


なぜ! 旬のイチゴを食べられない?

5月、ゴールデンウイークが過ぎると柴田農園の畑の一角では心待ちにしていたイチゴの収穫が始まり、6月中旬まで続きます。でも、この頃になるとスーパーマーケットにイチゴの姿はもう見かけません。あら、柴田農園にはあるじゃないの!変じゃない?と思われるかもしれませんね。
種を明かすと、イチゴの旬は初夏なのです。最近では家庭菜園などで育てやすい"四季なりイチゴ"という夏〜初冬まで収穫できる品種もあるようですが、「とちおとめ」をはじめ「紅ほっぺ」や「あまおう」など店先に並ぶイチゴは大抵"一季"なりです。10月中旬に苗を植えて、寒い冬を越して翌年の春に花を咲かせて初夏に実を着けるのです。
では、なぜ旬の初夏にイチゴが出回らないのでしょう。その理由は、イチゴの需要が1年で最も高いのが12月クリスマスの時だからです。イチゴで飾り付けられたデコレーションケーキはクリスマスの定番ですよね。
さらに、真冬のフルーツが少ない時期に高値で販売できるので、生産者もそれに合わせてつくるからなのです。イチゴ本来の育ち方ではないわけで、イチゴ大好き皆さんの嗜好(しこう)に合わせていると言えるのかな〜。



だったら、自分でつくって旬を食べよう!

これまで本気でイチゴをつくったことがなかった私ですが、昨年の秋ホームセンターで販売されていたたくさんの種類のイチゴの苗の中に「とちおとめ」の苗があり、つい衝動買いをしてしまいました。というのはちょっと難しい話になりますが、「とちおとめ」は種苗法に基づいて品種登録され、厳しく管理されているため、一般的には流通していませんでした。これは作物のブランド価値を守るための権利で当然のことなのですが、数年前にその権利が切れてやっと一般にも流通するようになりました。それで、ホームセンターで「とちおとめ」の苗を見つけた時に衝動買いをしてしまったのです。私はイチゴ栽培に詳しくはありませんし、販売するわけではないので無理のないようにとりあえず10株だけ購入しました。ということで、柴田流の旬のイチゴ栽培を紹介しますね。もちろんほかの野菜同様に化学肥料や農薬を使わない、EMさん大活躍の栽培方法です。

まず、Part1 第11回EM柴田農園直伝 EM生ごみたい肥づくりで紹介した生ごみを使った土づくりの後、11月30日に「とちおとめ」の苗を植えました。イチゴは寒さに比較的強い野菜ですが、真冬の寒さが厳しい時期には休眠してしまいます。枯れた葉は防寒のため取り除かないで、さらに草マルチなどで根元を保護します。それ以外はたまに水やり(もちろん、ただの水ではありません!EM活性液を薄めた水です!!)をするくらいで年明け3月末までは自然にお任せです。
4月に入り、新芽が伸びてきたら枯れた葉を取り除き、冬に出たランナーや花芽もイチゴの体力を保つためすべて切り取ります。
イチゴは乾燥が大の苦手なので、表面の土が乾いたらEM活性液の薄めた水をたっぷりかけます。
また、新たな試みとして、病害虫を抑える働きや受粉を助けるハチなどを呼ぶ働きを期待してコンパニオンプランツのマリーゴールドとカモミールをイチゴの周りに植えてみました。




キレイなイチゴを収穫するためのポイント

そして花が咲き・・・5月中旬頃から収穫が始まりました。花が咲いているときに伸びてきたランナーは果肉に栄養を集中させるため切ってしまいます。コンパニオンプランツのお陰なのか病気にも罹らず、私が刷毛(耳かきのふわふわの部分、梵天がよいそうです)を使って受粉作業をすることもなく、毎日"旬"のイチゴが食べられました。





せっかく熟したイチゴに土がついてしまうとアリに食べられてしまうので、ちょっとした工夫をしました。ビニールマルチを張り、支柱を立ててイチゴを吊ってみました。それでもアリは目ざとく、幾つかは食べられてしまいましたが。

私の食べ方は実にシンプルです。生のまま、ヘタの方から食べるのです。先端の方の甘味が強いので最後に食べて幸せ感を味わう!皆さんも試してみて!!

イチゴはプランターでも手軽にできます。自分で育てたイチゴは採りたて新鮮なので買ってきたものとは違って味はともかく安心感は格別です。
是非、EMを使って、旬のイチゴをつくってみてはいかがでしょうか。


(2022年7月8日)



【 EM柴田農園からのイベントのお知らせ】


EMを知って、生活に役立てよう!
EMは私たちの生活に役立つ良い微生物の集合体。お掃除、お洗濯、環境浄化、家庭菜園など様々なところに使えて環境や健康にもやさしい!なぜならEMは化学薬品ではないからです。日々の暮らしにEMを取り入れて快適な生活を送りませんか?

◆開催日時
<第3回> 7月24日(日)13:30〜16:00 (受付13:00〜)
EMについての応用編
化学肥料や農薬に頼らない家庭菜園
衣食住 様々なところでの活用方法 環境浄化や放射能対策など

◆場所
そすいの郷 直売センター(料理教室)
那須塩原市三区町657-26
◆参加費:各回500円(資料代含む)

◆定 員:各回10名
※1講座だけの参加でも大丈夫です。
※参加者の方にはEM活性液(2リットル)プレゼント

◆お申込み
<フォーム> https://ws.formzu.net/dist/S13899389/

<mail>
以下明記の上、メールでご連絡ください。
(1)参加希望日
(2)お名前(フリガナ)
(3)当日の連絡先(携帯番号)
(4)2名以上の場合は、一緒に参加される方のお名前(フリガナ)
haisainasu5655@yahoo.co.jp

◆お問い合わせ
EM柴田農園 柴田和明
携帯 090-6528-1649



【柴田さんへの質問はこちらから】→<Web Ecopure お問い合わせフォームへ>

<PROFILE>
50歳まで神奈川県で共働きをし、残業続きの忙しい日々を送っていた。定年退職まで共働きをしていればお金は貯まるし、何でも買える。 しかし健康は買えない。健康でいられたらお金は要らない。そういう思いから和明さんの父親の故郷、栃木県那須塩原市に移住して夫婦で農業を始める。健康維持のためEM生活実践中!

柴田和明(しばたかずあき)
会社退職後、約2年間栃木県農業大学校で農業を学び、その後トマト農家で1年間研修を受け就農。

柴田知子(しばたともこ)
会社退職後、東京農業大学(世田谷区)オープンキャンパスのカレッジ講座で野菜や果樹の育て方、スローフード、発酵などの講座を受講。EM柴田農園では、種まきから仮植、種取りなどの細やかな作業を担当。

Facebook:http://www.facebook.com/kazuaki.shibata.98
トップページ | EMとは? | 特集・レポート | 連載 | 投稿ひろば | 用語集 | FAQ | バックナンバー | EM情報室 | リンク集 | サイトマップ

Copyright (C) Eco Pure All Rights Reserved.