EM普及協会だより

高坂早苗さんのEM的お家事(いえごと)<3>キッチンで使う

第1回のおさらい

◆EMおそうじの良いところ
  • アレルギーや敏感肌の人も使用できる
  • 多くの洗剤を使い分ける必要がなく、あらゆる場所に使える
  • 消臭効果もある
  • 環境に優しい

 

◆お掃除に使うおすすめのEM資材

 

◆EM的お家事、3つの基本
  • 水500mlにEM液(EM・1EM活性液EMWのどれか)大さじ1を薄めた「EMうすめ液」をスプレーして、から拭きする
  • EM液をいれた水で雑巾がけをする
  • 漬け置き洗いをする(換気扇など)

 

EM薄め液をそのままにして、くさくなる人がいます。
残りの液は、植木にかけたり、トイレや流しに流したりして、その日のうちに使い切るようにしてください。

<詳しくはこちら>
高坂早苗さんのEM的お家事(いえごと)<1> EMを活用した掃除の基本形

 

キッチンで使う

台所仕事が終わったら、EMうすめ液を噴霧して5分位おいた半乾きの状態でふき取るというお手入れをしましょう。
電気製品や壁、シンク、レンジまわりを日頃からこまめにEMで拭いておくと、静電気をおさえられて汚れがつきにくく、また落としやすくなります。

 

冷蔵庫

お料理以外でも使うたびに手あかで汚れる冷蔵庫のドアや、食べ物やジュースなどの汁で食品のニオイが付きやすい冷蔵室は、EMクロスで拭くか、EMスプレーをシュッシュしてから、乾いたクロスで拭き取りましょう。水ぶきは不要です。
EMが雑菌の繁殖を抑えてくれます。

精肉トレイや野菜ボックスの内ケースなども同様に、EMスプレーしてからクロスで拭き取ります。細かい野菜くずなどが落ちていたり、こびりついた汚れがある場合は、ゴミを取り除いて一度水洗いしてから、EMスプレーをシュッシュして拭き取ると、EMの効果が長持ちしやすくなります。
食品のこびりつきなどが固まってしまったら、EMの原液を含ませたティッシュを汚れた部分にのせておきます。5~6分経って汚れがやわらかくなったら、木製のアイスクリームスプーンなどでかき落とします。


 

電子レンジ

電子レンジの奥は汚れに気づきにくいところ。内部のコゲつきは、市販の洗剤でもなかなか落ちにくいので、使用後すぐのこまめなお手入れがおススメ。調理後、皿などを取り出したら、すぐにEMスプレーして、乾かないうちに拭き取ります。

 

排水口

ゴミ受けと防臭カップを取り出し、EMスプレーした後、タワシでヌメリをこすり落としましょう。水で洗い流した後、もう一度EMスプレーをシュッシュしてから取り付けます。
三角コーナーは、たっぷりEMスプレーして2~3時間おいた後、古いスポンジや古い歯ブラシなどでこすり、洗い流します。
シンクやゴミ受けなどは、EMプリン石けんで洗うのもおススメです。たわしなどに少量のプリン石けんをとって全体をこすり、洗い流します。

 

頑固な油汚れは

頑固な油汚れは、EM液︓お湯=1︓1に一晩浸けてからスポンジなどでこすります。大きなもののつけ置きにはごみ袋などを使うと便利。

また、EMURALを吹き付けてから拭きするのも◎。一度で取れない時はスプレーとから拭きを2~3度くりかえすとスッキリします。

 

焦げた鍋もEMで

鍋が焦げた時は、EM液に一晩浸して翌日たわしでこすると簡単にきれいになります。

 

以上がキッチンでの使い方です。
次回は、お洗濯や布団干しでの使い方をご紹介します。

記事協力:関東EM普及協会


<PROFILE>
こうさか・さなえ / 高坂早苗
有限会社 大和、サロンPHYSIS-NERIMA(フィシス練馬)代表。
我が子のシックハウス対策をきっかけにEMと出会い、その効果を実感した家事研究家。
洗濯や掃除をはじめ、EM生ごみ発酵堆肥づくりなど家事全般にEMを使用することで自身と家族が健康体になっていくことを体感した経験をまとめ、「重曹・酢・EM家事ライフ」(ほか2名との共著)を永岡出版から上梓(2004年9月)。
主婦が自然環境に配慮しながら家事をすることは家族を守るだけでなく地球環境も守ることにつながると思い至り、「ハウスキーパーはアースキーパー」をモットーに掲げる。
日々をつづったブログ「アースキーパーネットワーク」はこちら